HOME掲示板
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
※投稿パスワードは初代主将のお名前ローマ字小文字4文字
 山岸さんへ 白樫光徳  2020年6月26日(金) 17:23
修正
私の昔の拙い指導の動画の感想を丁寧にお伝え頂き、ありがとうございました。

私自身なかなか、稽古が再開できないことに焦りも感じているところです。
大教の稽古の再開を楽しみにして我慢しますね。

さて、山岸さんの後ろ回り受けについてです。
今、やってみたらどうかという練習方法です。
例えば、片手の後方入り身の受け身を取っているイメージで、後ろ回り受けを取ってみましょう。
これは、稽古再開後の接触をしない稽古方法のヒントになるかもしれません。
24代の佐藤師範と話しをしていて、エアー合気道を提唱されてました。
取りと受けが2mくらい離れて、取りのする技に合わせて、受けが離れて受けをとるという稽古方法です。
一人でなら後ろ回り受けが取れていると思うので、取りの技をイメージして後ろ回り受けを取る練習をすると繋がりやすいかと思います。
実際に稽古が始まり、接触をしての稽古もできるようになったらスモールステップを考えて、後ろ回り受けができるように指導してみますね。
どんなスモールステップを踏んでいくか、良かったら山岸さんも考えてみてください。
特別支援教育にとって、スモールステップを踏まえた指導はとても大事です。

後、指導のポイントについては、毎回の指導で大事なポイントを一つに絞って指導を計画してみることをお勧めします。
たくさん大事なポイントが幹部になると見えてくると思います。
でも下級生に伝わることが大事になります。
私は、主将の時にはじめは、一回の指導で3つくらいのポイントを伝えていましたが、どうも上手く伝わらない感じが強くなりました。
一つに絞ると、けっこう下級生にはわかりやすようでしたよ。


あまり良い回答にはなってないかと思います。
自分に合ったやり方を採用してくださいね。

よろしくお願い致します。


  50 山岸  2020年6月28日(日) 22:24 修正
ご丁寧にご回答いただきありがとうございます!
さっそくやってみましたが、後ろ回り受けが出来ました!
現段階では、一人で技の流れを意識してスムーズに出来るように練習していきたいと思います!スモールステップも考えておきます。
そのようなエアー合気道の発想はありませんでした。
取りと受けが離れて合わせて動くのであれば、体も動かしやすそうですね。
様子を見ながら取り入れていけたらと思います。
指導のポイントは絞るべきということについて、これから心に留めておきます。
とても為になりました。ありがとうございました。

第五十代 山岸

 7月以降の活動方針とOB・OGの皆様へのお願い 50 小林  2020年6月28日(日) 17:47
修正
お疲れ様です。
大阪教育大学合氣道部第50代の小林竜也です。

先日、7月1日以降の課外活動の実施指針が示され、大学からの許可を得た団体から活動が再開できるようになりました。
活動指針として部には様々な制限や条件が課されることとなりましたので、その主なものについて説明させていただきます。

まず、普段の稽古ではたくさんのOB・OGの方々に参加していただいているのですが、7月1日以降から (期限は未定) の稽古には
原則現役のみの活動で、あらかじめ課外活動係に指導者として登録している方のみ参加が許可されております。
また、指導部と相談の上、体捌きや杖・木剣の指導をお願いする方には幹部からご一報させていただいております。
現役部員たちを気に掛けてくださっている多くの先輩方には大変申し訳ないのですが、ご理解の程お願い申し上げます。

また、学内での活動のみ許可されている状況であるため、出稽古や行事への参加も当面の間見合わせとなります。

その他にも、活動前後には手洗い・うがい、健康管理を徹底して参ります。
活動中は、原則マスクをつけ、対人距離 (2m) を確保し、対面での活動や他者と接触するような練習内容は制限されているため、受け、体捌き、杖・木剣を中心とした活動になります。

課外活動係に申請書を提出し、許可が下りてからの活動再開となるため、正確な再開日はまだ定まっておりません。
現在、急ぎ申請書を作成しております。

また、詳細が決定次第ご連絡致します。

それでは失礼致します。

大阪教育大学 体育会 合氣道部
第五十代 小林竜也
okuaikidou@gmail.com

  M鳥  2020年6月27日(土) 20:34
修正
スライドショー4つ目を作成しました。
今回は2014年11月08日_今福鶴見10周年記念より作成。
リンクは下記に記載しております。。

https://michael.exout.net/cgi-bin/rest8/members/aiki/
・ユーザ名 :初代先輩のお名前+白樫先輩の代数
・パスワード:師範のお名前+白樫先輩の代数

 小林くんへ 白樫光徳  2020年6月24日(水) 19:10
修正
 半身についてとは、良い視点を持ってられますね。
私も大教で合気道を習ったので、基本的には肩幅くらいをめどに開けています。
ここからは、半身の取り方の私見です。
合気道を始めて数年のところは、半身を少し広めに取ると良いと思います。これは、技をかけた時に身体が安定しやすいからです。身体がぶれずに安定してきたら、少しずつ幅を狭めていくと良いと思います。これは、狭い幅でも身体が安定して技をかけていくことで軸を作るためです。その後は、自分に合った半身の幅を作っていけば良いと思います。
半身について気をつけることは、足先が真っ直ぐに向いているかも大切なことです。
一回生は足先が内に向きがちです。幹部としては、そこは気をつけてあげれば良いと思います。
後、個人的には後ろ足のどの辺りから前足を出すかを考えています。
私はかかと辺りから出すと安定しやすいと思います。だから、今は土踏まずより指側から出すようにして、半身をより鋭い角度で取って、、技に入ろうと考えてます。
稽古場始まったら、この半身の検証にぜひお付き合いくださいね。
よろしくお願い致します。

  M鳥  2020年6月21日(日) 2:20
修正
見取り稽古用に指導動画の提供を快諾してくれた方がおりましたので
見取り稽古用2をアップさせてもらいました。
リンクは下記に記載しております。
(名前出していいんかな?43代 O君の指導動画です。)

https://michael.exout.net/cgi-bin/rest8/members/aiki/
・ユーザ名 :初代先輩のお名前+白樫先輩の代数
・パスワード:師範のお名前+白樫先輩の代数

  M鳥  2020年6月20日(土) 12:16
修正
スライドショー3つ目を作成しました。
今回は2016年01月10日_志をくま新年会より作成。
リンクは下記に記載しております。。

https://michael.exout.net/cgi-bin/rest8/members/aiki/
・ユーザ名 :初代先輩のお名前+白樫先輩の代数
・パスワード:師範のお名前+白樫先輩の代数

 OBOGのみなさんへ 白樫光徳  2020年6月19日(金) 21:48
修正
学校の先生方は、通常の時間の指導に戻り、感染予防対策に大変な1週間だったと思います。
私もへとへとでした。
週末はゆっくりしてくださいね。

さて、新しい動画が上がりました。
ぜひ、観てくださいね。

また各代の主将を中心に自分がされた指導の動画があれば、私か待鳥先生に連絡ください。
まだまだ、接触をする合気道の稽古ができるようになる時期がわかりません。
大教の伝統を繋げるためにも、恥ずかしくても現役のみなさんに提供しましょうよ!

学生さんが観ても見なくても、大教頑張っての気持ちは伝えても良いかなと、だから私はお願いします。

大教頑張っていこうね。

M鳥先生ありがとうございます!

よろしくお願い致します。

 今日は佐藤さんへ 白樫光徳  2020年6月14日(日) 18:25
修正
佐藤さんは、体操に着目されているのですね。
私も特に二回生くらいから、今に至るまで合気体操には着目しています。

後の質問からの回答です。
合気体操以外のストレッチも本当にいろいろと考えて取り組んでいます。
身体の柔軟性は大事ですね。
その柔軟性を身体の深部から、どこまで意識できてくるからも面白いですよ。
少し教えて頂いた自彊術や真向法的なことは、ほんの少ししかしていませんがたいへん面白いです。
自彊術は息の吸い上げ、真向法は開脚です。
開脚は1日1分で身体がピタッと床につく方法というような本を、かあちゃんか(佐藤さんの先輩にあたります)買ったのを参考にしました。

息の吸い上げや、はき下ろし方は、合気体操をする時にかなり意識しています。
合気の気は呼吸に繋がります。
正中線を意識して、軸に沿って呼吸をしながら合気体操をしてみましょう、。
わからなくても良いです。そうしていこうと思ってしていればなんとなく感じていけますよ。
また、よろしければ、少し前まで合気体操は大教のみなさんには毎年のように指導してましたので、私の解釈もお伝えします。
よろしくお願い致します。

山口くんへの追伸も
リハビリの先生にも尋ねてみましたが、膝を回す運動から始めて、足首の体操、正座の順番の方が良いとお聞きしました。
参考までに。
よろしくお願い致します。

 山口さんの足首を柔らかくすることについて追伸 府大第三代 リハビリ関係者  2020年6月15日(月) 0:14 修正
他大学から失礼致します。
足首が固くて正座が出来ないと白樫先生から伺いました。足首が硬い場合、足首だけでなくて股関節や膝関節が硬い場合もあり、その時は股関節と膝関節も柔らかくする必要があります。
股関節はよくやる柔軟(長座で足指を触る)、膝関節は、椅子に座って足を床から離して、膝の位置を固定した状態で足先で円を描くように回します。その時、足首は力を抜くといいです。
その後合気体操の足の体操をします。足の指と指の間も柔らかくするように念入りに行ってください。
最後に正座にチャレンジしてみてください。こちらは白樫先生が丁寧に説明されているので、実践あるのみです。

大教さんとは長くお付き合いさせて頂いていますが、いつも現役さんとOBOGさんの絆の強さに心を打たれています。
一方向からのコミュニケーションではなくて、双方コミュニケーションがあるのが素敵だなと思いました。

それでは失礼致しました。皆さんが合気道を楽しめるように、心から祈っています。

  51 佐藤  2020年6月19日(金) 19:26 修正
自彊術、真向法ともに調べてみましたが、とても興味深いものでした。
私は保体専攻なので専門分野としても気になるところです。
最近は特に用事がない日はトレーニングしているのでぜひ取り入れてみたいと思います。
ご丁寧にお答えくださりありがとうございました!

第五十一代 佐藤

 まずは山口くんから 白樫光徳  2020年6月13日(土) 19:42
修正
山口くん、質問についていろいろと悩んだんじゃないでしょうか?
なかなか、良い質問になってますよ。

足首の硬さをほぐす方法。
私からは合気道を通した考えからの方法をお伝えします。
お風呂の中かお風呂あがりに床に足首をつけるようにして正座をしましょう。そこで深呼吸を5回しましょう。その時は複式呼吸の方が良いですが、分からなかったら次にお会いした時に伝授しますね。呼吸は、はく時に足首ら息をはきだすイメージですることが大事です。イメージだからわからなくても、自分でそのように思うことです。
次に合気体操の足首をほぐす運動をしましょう。
できるだけ毎日すると良いですね。

あなたはセンスもあります。
でも、私はあなたの足首はとても心配していることでした。
よろしくお願い致します。

  51 山口  2020年6月19日(金) 19:20 修正
白樫先輩、府大第三代リハビリ関係者様、
丁寧にご返事くださりありがとうございます。
足首を意識した呼吸をしながらの正座や股関節・膝関節からのアプローチ、
とても参考になりました。
早速実践させていただきます。

第五十一代 山口

  M鳥  2020年6月17日(水) 21:24
修正
スライドショー2つ目を作成しました。
今回は2016年07月09日_志をくま20周年記念より作成。
リンクは下記に記載しております。。

https://michael.exout.net/cgi-bin/rest8/members/aiki/
・ユーザ名 :初代先輩のお名前+白樫先輩の代数
・パスワード:師範のお名前+白樫先輩の代数

また、もし私の稽古動画あったら公開してもいいよ(パスワードで保護はします)という方がいらっしゃいましたらご連絡いただけると幸いです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33  全 441件 [管理]
CGI-design